リハビリテーションの色々

訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーションは、自宅で療養を行っていて通院でのリハビリテーションが困難な場合に、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが自宅で、それぞれリハビリテーションや精神的サポートを行ってくれるサービスです。訪問リハビリテーションは、慣れしたしんだ環境の中で行い、リハビリテーションに対する抵抗を薄めてくれます。

訪問リハビリテーションは、病院、診療所、介護老人保健施設などかた患者の自宅を訪問し、心身の機能の維持や、改善、回復を図り日常生活を支援します。訪問リハビリテーションを行うには、病状が安定していて医学的管理の下、自宅でのリハビリテーションが必要であると医師が判断すると行えます。

訪問リハビリテーションは、介護保険や医療保険を利用することが可能で、要介護認定がある場合は介護保険で、まだ認定を受けていない場合は医療保険で訪問リハビリテーションを受ける事が出来ます。

介護保険を使って、訪問リハビリテーションを行う時は、主治医に訪問リハビリテーションの利用希望の旨伝えて、訪問リハビリテーションの指示や理学療法士等に指示を貰います。次に、理学療法士達がリハビリテーションの実施計画書を作成して、この実施計画書に基づき、訪問リハビリテーションが理学療法士達によって行われます。

このリハビリテーション実施計画書は、訪問リハビリテーションを行った事での効果や、実施方法に関して、医師の医学的判断で定期的に見直しされるので、様態の変化などにも対応出来ます。

楽天 イーモ