リハビリテーションの色々

回復期のリハビリテーション

回復期のリハビリテーションは、衣服の脱ぎ着や、一人で食事を行う事、また歩行するなど、日常生活で必要な動きができるようにするリハビリテーションです。例えば、脳卒中が発症してリハビリテーションを行うと、 2週間ぐらいで症状がある程度安定し始めます。

症状には個人差もありますが、ベットから起きて立ち上がれるようになると、日常生活動作も徐々に回復します。しかし、回復に伴いどのような後遺症や障害があるのかを判断し、それに応じたリハビリテーションを行う必要があります。残っているのかがはっきりしてくる時期でもあります。

回復期のリハビリテーションでは、患者に残っている後遺症や、障害をしり、その後遺症の程度といった日常生活動作を調べる必要があります。この時、調べる障害として機能障害、能力低下、社会的不利が調べられます。

機能障害は、マヒなどによって関節がうまく動かないといった症状や、失語症による精神機能や身体機能が著しく低下、または失われている状態をいいます。

能力低下とは、機能障害によって歩行や、食事といった日常生活で必要な能力が低下している状態をいいます。また、社会的不利とは、機能障害や日常生活の能力が低下していて、仕事や家事といった日常生活における障害が起こる事を言います。

この 3つの障害に対して、回復期のリハビリテーションの方法を決定します。回復期のリハビリテーションは、主にリハビリテーション専門病棟や訓練室で運動障害、言語障害、高次脳機能障害の回復を行います。

ウォーレンパートナー制度