リハビリテーションの色々

地域リハビリテーション

地域リハビリテーションは、国際的にも様々な意見があり、開発途上国を中心にした活動であると言われていました。現在は、WHOなどの地域リハビリテーションによって、開発途上国に限らず先進国でも地域リハビリテーションの推進に努めることが決定されています。

地域リハビリテーションの定義は、1994年にILO、UNESCO、WHOによって、定義されました。地域リハビリテーションとは、地域のリハビリテーションの発展や、障害のある全ての人々が均等に機会を受け、社会的統合を目指すとされています。

地域リハビリテーションは、障害のある人や、障害者を持つ家族、また地域住民限らず、個々の保健医療や教育、また職業や社会サービスを履行されていくとしています。

地域リハビリテーションは、障害をもつ人が、自分の住む地域に暮らす正統な権利、健康で快適な生活を送り、教育や社会、文化や宗教、また経済や政治において、それに参加する権利を主張するとし、活動するにあたり、害の防止やリハビリテーション、また障害児の普通校への通学や、障害のある成人の就職に関する機会の提供を含む包括的なリハビリテーションを言います。

日本では、地域リハビリテーションの定義は、障害をもつ人や老人が、住み慣れた地域で、そこに住む人が一緒に、安全で人間的なした生活がおくれるよう、地域リハビリテーションとしています。

引越し 見積もり 一括