リハビリテーションの基礎知識

リハビリテーションとは

リハビリテーションとは、機能回復訓練と認識されていますが、再び適した状態にすることを意味しています。その為、事故で損傷して歩けなくなったのを、歩行訓練で再び歩けるようになるような事だけが、リハビリテーションではないのです。

体も機能だけでなく、精神的なものであっても、もとの状態に戻す為の、全ての活動がリハビリテーションです。

リハビリテーションを行うには、周囲の人間の援助も重要ですが、一番大切なのは、リハビリテーションを受ける本人が努力する事です。

患者の数だけ、リハビリテーションはありますが、主に理学療養、作業療養、言護療養がおこなわれます。理学療法は、体を動かして体の機能を高める、運動療法が一般的です。

理学療法では人力だけでなく、温熱や電気等も使ってリハビリテーションを行うので、物理療法ともいいます。また、 作業療法では、手工芸やゲームを通じた作業活動で、筋力や関節の動きを維持し、向上させます。また、高次脳機能障害がある人に対して、失認症や失行症がある人に対して、生活に適応することのできる訓練を行います。

言語療法は脳血管系の障害により、言葉が出てこない失語症の、発声や構音障害を訓練で動かし、声が出しにくい摂食嚥下障害でも失語症になる可能性があり話をしたり、身近な教材を使って言語能力を引き出します。

引越し 金額