リハビリテーションの基礎知識

リハビリテーション科とは

運動機能や精神に障害を持つ人を対象に、医学的リハビリテーションを実施する専門の診療科です。事故や病気などで、運動機能や精神等の障害をもった人が、元の生活を取り戻すために行う訓練で、運動機能障害、嚥下障害、高次脳機能障害などに対して診断や治療、場合によっては予防を行います。

リハビリテーション科は、脳卒中後遺症や、頭部の外傷、脊髄の損傷、末梢神経の障害、骨折、変形性関節症、器官の切断、脳性麻痺、循環器系疾患のような病気によって、障害を総合的に評価し、状況に合わせた治療を行います。また、家庭復帰した場合や、社会復帰できる事を考慮し、機能回復の促進や、残存機能を失われた器官以上の力を引き出し、リハビリテーションを行います。

病院などのリハビリテーション科では、筋電図や神経伝導速度検査を用いて神経障害の程度などを診断し、嚥下造影検査で嚥下障害も評価することが出来ます。また、薬物療法、運動療法、物理療法、作業療法、言語療法、義肢・装具療法、食事療法などの療法を組み合わせて行い、症状の改善や予防を行います。

リハビリテーション科には、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが中心となり、医師と相談してリハビリテーションの内用を決定しいきます。

リハビリテーション科は、主に神経や筋肉、骨格の異常による運動機能障害者を対象とし、医学的治療や治療的訓練を実施する診療科です。

車査定 10万円アップ