リハビリテーションの基礎知識

言語聴覚士とは

言語聴覚士とは、脳の病気の後遺症によって、物の認識が出来ているのに言葉がでてこない失語症や、計算や文字が読めなくなったり、病気によって声帯を切除し発声に訓練が必要な患者に対してリハビリテーションを行う人をいいます。

他にも、口がい裂で発音が困難な場合や、難聴といった、障害者に対する教育や訓練も言語聴覚士が行います。医療分野でのリハビリテーションは、そのまま介護施設でのリハビリテーションにもつながっていきます。

言語聴覚士によるリハビリテーションを通じ、少しずつ言葉を取り戻していくことで、精神的にも安定してきますし、言葉以外のコミュニケーションも身につける事が出来るようになります。言語聴覚士には、国家資格が必要で、年1回の国家試験に合格すると免許を取得することが出来ます。

言語聴覚士は医療分野で必要とされているにも関わらず、理学療法士や作業療法士に比べると圧倒的に数が少ないです。

言語聴覚士の働き場所としては、病院や診察所のリハビリテーション科や、耳鼻咽喉科を中心として、難聴幼児通園施設や聴覚言語障害者更生施設などの社会福祉施設、また保健所があります。

言語聴覚士が行うリハビリテーションは、主にコミュニケーション障害を対象とし、食事に関する嚥下障害も行います。摂食障害や嚥下障害は、口腔機能の低下に関係していることが多く、口や耳などの機能回復を図る言語聴覚士に任される事になります。