リハビリテーションの基礎知識

作業療法士とは

作業療法士とは、理学療法士が手足を動かしたりする、基本的な動きの訓練を行うのに対し、作業療法士は、基本的な動きの訓練に加え応用的な訓練をして生活が送れるようにリハビリテーションを行います。応用的な動きとは、家事などの作業の事で、これにより自立した生活が送れます。

身体機能に障害があり完全に失われてしまっていても、失われていない部分を活用して、リハビリテーションを行います。障害が生じる原因は、病気やケガ以外にも様々にあり、身体障害以外にも、知的障害や発達障害、また精神障害で日常の動作が困難な場合は、作業療法士がリハビリテーションを行います。理学療法士と同じく、作業療法士になるには国家資格が必要です。

作業療法士は、リハビリテーションの現場において、理学療法士と言語聴覚士とともに、患者の自立した生活が送れるよう支援していきます。作業療法士は、人が生きていく上で必要な作業活動を理解し、それを分析して利用できるようになる必要があります。作業療法士は、入浴や摂食といった日常生活における動作や 、職場に復帰できるようになる為のリハビリテーションに広く携わっています。

理学療法士は、基本的な生活動作のリハビリテーションを行い、歩行訓練などの物理的な方法でリハビリテーションを行うのに対し、作業療法士は生活上の応用能力を作業活動を通じて習得できるように、心理学的手法を用いたりもしてリハビリテーションを行うという違いがあります。