リハビリテーションの基礎知識

理学療法士とは

理学療法士とは、怪我や病気で日常生活に障害が生じている人に対し、起き上がりや、歩行など、日常生活において基本的な動作能力を回復する為に、身体的なリハビリテーションを援助してくれる職業をいいます。

理学療法士は、固まったり機能的に障害が起きている手足の関節の動きの改善や、筋力を回復させる目的の運動療法を行います。また、患部を温める温熱、電気光線などの物理的な刺激を用いる物理療法を行うこともあり、動作がズムーズに行える様、繰り返し同じ動作を練習させる日常生活活動訓練などを行います。理学療法士は、車椅子や杖などの訓練に必要な道具の使用に関する助言も行ってくれます。

理学療法が必要になる人は、加齢による機能障害が生じる高齢者や、極度の運動や疲労で機能障害を起こすプロスポーツ選手に多く、事故にあって機能障害を起こした人など幅広いです。

理学療法は、検査や測定、専門的評価に基づき、病気や傷害が原因の機能障害や、形態障害に対して、運動療法をおこない筋力や、関節といった身体機能の回復を図り、温熱や電気を用いる物理療法による痛みの緩和や、循環機能の改善を行う治療科学です。

事故や病気でな何らかの能力障害が残った場合に、基本動作や日常生活に支障を無くす為に、専門的指導や、住宅改修、また環境調整を指示し、在宅ケアも行ってくれます。近年では、何らかの障害が生じてからの予後治療だけでなく、障害予防の為に理学療法を行うことも増えています。