障害のリハビリテーション

発達障害リハビリテーション

発達障害とは、精神面や運動面に発達障害があり、日常生活の支障や、社会適応に援助が必要な場合をいいます。

発達障害には、発達に問題があり、通常はしないような特異な行動が見られる広汎性発達障害と、発達に遅れがあり技術や能力の獲得に時間がかかる精神遅滞、また、発達に偏りがあり特定の分野において困難が見れる学習障害の3つに大きく分ける事が出来ます。これらの障害が、1つしか見られない場合もあれば、2つ以上併発している場合もあります。

発達傷害では、言語発達遅延の症状がよくあり、言語によるコミュニケーションの能力が著しく遅れている状態が見られます。この症状は、発達が遅延していつだけである程度の年齢で追いつく場合もありますが、そのまま学習障害に移行する場合もあります。

学習障害は、知的問題が無いにも関わらず、読み書きや、計算といった特定の分野で、学習に困難が生じている場合です。 他にも、集中力が継続せず、注意力散漫で集団構想が困難な、注意欠陥といった症状がみられる場合もあります。

発達障害リハビリテーションでは、本人や家族が発達障害を理解する事です。学習面に関しては、特別支援教育により個別の支援が受けられ、障害の特性に応じてリハビリテーションが行われます。

また、特殊なリハビリテーションとして、正しい行動を行うと、ご褒美が貰えるトークンエコノミーなどが行われる場合もあります。独立した生活や、就業が行えるようなリハビリテーションがメインに行われます。