症状別のリハビリテーション

脳梗塞とは

脳梗塞は、日本の死亡原因において上位を占める病気です。脳梗塞は、脳に栄養や酸素を届ける動脈が何らかの原因でつまる事で、脳に虚血が生じ、脳組織が壊死してしまう症状です。

脳梗塞の症状が激しいと脳卒中ともいい、片側の麻痺や、意識障害、また失語や言語障害などを発症する危険があります。脳梗塞の症状は、徐々に進行していく事が多く、認知症を併発する事も多いとされています。

脳梗塞の原因は、一般的に動脈硬化が多いとされていますが、動脈硬化になる原因は高脂血症や糖尿病といった生活習慣病が原因である事が多く、バランスの良い食事や、適度な運動を行う事が、脳梗塞の予防にもなります。また、心臓で生成した血栓が脳に流れ込み、脳の動脈を詰まらす場合もあります。この場合、症状の改善として、抗血栓薬を服用する事になります。

脳梗塞は、人が生きていくうえで非常に重要で、不可欠な脳に障害が起きてしまう事から、後遺症が残りやすいので、リハビリテーションを十分に行っておく必要があります。脳梗塞は、後遺症の事等も考えると非常に厄介な病気なので、脳梗塞の兆候があったら早めに病院で診察して貰いましょう。

脳梗塞の兆候は脳内で血が詰まって、急に手足がしびれたり、一瞬目の前が真黒になるといった症状があった場合脳梗塞の前兆である危険性があります。