症状別のリハビリテーション

脳梗塞リハビリテーション 目的

脳梗塞は、顔や腕、また足など体の片方に麻痺が起こる事が多く、口の中も半分がマヒして呂律がまわらなくなる言語障害が生じます。このような脳梗塞の後遺症が残ると、日常生活に大きく影響し、生活や社会復帰が困難になります。

通常であれば、普通にできていた日常生活の行動であっても、脳梗塞の後遺症がおきると、スムーズにできなくなって、生活が困難になります。このような脳梗塞の後遺症を改善するには、リハビリテーションがとても重要になります。

脳梗塞が発症した場合は、病院に入院して治療をすることが必要ですが、病院に入院している間に、脳梗塞のリハビリテーションは行う必要があります。

脳梗塞のリハビリテーションは、なるべく早くリハビリテーションを行う必要があり、できる状態になったらすぐに行う事が大切です。実際に、脳梗塞リハビリテーションを病院に入院している段階から始めていると、退院する際に日常の動作などの回復が、リハビリテーションを始めていなかった場合よりも高いとされています。

脳梗塞のリハビリテーションでは、リハビリテーション用の器具を用いて、リハビリテーションの専門家の指導の元行いますが、指示を仰げば個人でもすすんでリハビリテーションをすることは出来ます。

後の生活に、脳梗塞の後遺症が出ないよう予防する事や、障害から早く回復する為にも、病室などで早めに行う用にしましょう。