症状別のリハビリテーション

脳梗塞リハビリテーション 方法

脳梗塞により生じた障害は、半身麻痺や言語障害などが後遺症で残ります。後遺症を改善するには、病院で理学療法士など専門家の指導にとって、リハビリテーションを行います。

ただ、病院を退院したあとも、リハビリテーションは続けるべきです。在宅で行える、脳梗塞のリハビリテーションは、入院時に行ったリハビリテーションにより、回復した機能を維持する為にも非常に重要です。

特に、麻痺している手首や指、肩や肘は、動かさないと関節がかたくなって、固まってしまいます。これを防ぐには、手の関節可動域訓練を自宅でも行う必要があります。 手の関節可動域訓練とは、麻痺が残らないように、麻痺していない側の手をつかって行うリハビリテーションです。

麻痺してしまった手の指は、付け根が伸びた状態でかたまりやすくなっています。麻痺している指の付け根を、麻痺していない手を覆い被せるようにつかみ良く揉んでほぐします。

次に、手首もほぐします。麻痺している側の手首は、曲がりやすくなっているので、両手を組んふぁ状態で、麻痺している側の手首を内側に曲げて、次に、麻痺している側の手首を外側に曲げるようにして、反対の手で刺激します。

脳梗塞リハビリテーションで手首を動かす際は、その他の体の力や動きが手首に影響しないよう、手首に意識を集中して行う必要があります。