症状別のリハビリテーション

心臓リハビリテーション 目的

長期に渡って寝たきりの生活をしていると、通常の生活に戻るのにリハビリテーションが必要なように、心臓病の場合も社会復帰を行う場合は、心臓リハビリテーションが必要です。心臓リハビリテーションを行うと、運動療法を中心としたリハビリテーションをすることで、運動能力の向上があり、日常の生活での活動が楽になります。

心臓リハビリテーションを行うと、総コレステロールが低下し、狭心症発作や心不全の症状が軽減する事や、心臓病の再発防止や突然死の確率が減ることがわかっています。

心臓リハビリテーションは、心臓が悪いのに運動を行うことに危険を感じる人も大勢います。100%危険がないわけではありませんが、安静にしすぎるのも、健康上いい事ではありません。医師や看護婦の近くで、運動療法を行うと、心電図などから心臓発作や事故が起きそうな場合は防ぐことが可能です。

心臓リハビリテーションは、他の検査に支障がなければ毎日行います。病院には、お電話がありました部門があり、 お電話がありましたを行う場合は、主治医から心臓リハビリテーション部門へ依頼書を送って貰う事で、行うことが出来ます。退院後も、リハビリテーションに通院する事で、心臓リハビリテーションが行えます。通院が難しい場合は、医師の指示通りに自宅で運動療法をします。

心臓手術が成功しても、運動能力や基礎体力が低下しているので、心臓リハビリテーションを行い、低下した運動能力を元に戻し、身体を日常生活に慣れさせる必要があります。