症状別のリハビリテーション

骨関節疾患リハビリテーション

骨疾患によるリハビリテーション必要になる場合は、肩や腰の日常的な痛みによって生じる症状や、交通事故あるいは転倒などで骨折や後遺症により関節の変形がある場合や、加齢や先天性の骨格の異常などがあります。このような骨関節疾患は、薬物療法や手術療法と並行してリハビリテーションを行います。

骨や関節の機能の障害や、筋力の低下に対して、リハビリテーションを行い、症状を和らげたり失われた機能の維持や、向上を目的に行います。骨疾患では二次的な合併症の予防を行う目的でも、リハビリテーションを行うことは重要です。

リハビリテーションでは、理学療法や物理療法、作業療法の他に、装具療法や生活指導など、疾患や障害の状況によって方法は異なります。生活環境に改善が必要な場合は、住宅の改装や福祉サービスもリハビリテーションを行ってい必要があります。

大腿骨頸部骨折の場合、高齢者が転倒した場合に生じやすい骨折で、以前は寝たきりの原因でしたが、現在では手術とリハビリテーションによって、早期で社会復帰が可能になりました。リハビリテーションは、下肢の筋力トレーニングや立位、また加重や歩行訓練などの起居動作訓練を行います。

変形性膝関節症の場合は、膝がO脚変形することなどで、軟骨や骨の摩耗が生じ、徐々に痛みをかんじる疾患です。関節の破壊が進行されるので、歩行困難などが生じます。リハビリテーションでは、関節に負担をかけない筋力強化訓練や、温熱療法などを行います。