リハビリテーションの種類

職業リハビリテーションとは

事故や病気で障害が起きてしまった場合に、職業に就くことが困難で、職業について業務を維持していくことが困難になっている人が、職業を通じた社会参加が困難で、自己実現や経済的自立を図る為のリハビリテーションを、職業リハビリテーションといいます。

具体的に、法律で定められた障害者手帳の所持者以外に、身体的障害、知的障害、精神的障害が、職業リハビリテーションを受ける事が出来ます。援助が必要と考えられる時とは、職業相談や職業訓練、また職業指導や職業紹介などを職業的なサービスとして受ける事ができ、職業に就いて、維持向上するのに必要な福祉的な援助も行って貰えます。

職業リハビリテーションの目標は、収入を得る目的で生産活動を行うあらゆる活動を含みます。

日本では、障害者の雇用を促進する法律によって、職業リハビリテーションを、障害者に職業指導や、職業訓練、また職業紹介を行い、その他職業リハビリテーションを定めている措置を行い、就業生活を通して自立を図るこが定義されています。

人間にとって、働くということは大変重要で、生きていく上では、最低限の生活を送る為にも、精神面でも働きに出る事が必要です。これは、障害の有無に関わらず言えたとで、障害があっても本人の希望があれば、就労意欲や能力、また興味を持っている事など、職業評価して就業にいたるまで、支援していく必要があります。