リハビリテーションの種類

精神科リハビリテーションとは

精神科リハビリテーションとは、精神病であり、その障害のために日常生活において、長期間の生活困難や、社会への参加が困難である人に対して、生活の困難を改善する為に行います。現在では、患者を環境に合わせるのではなく、環境を患者に合わせるようなリハビリテーションも行われます。

精神科リハビリテーションを行う患者は、脳に障害がある為、表情や言動に問題があり人間関係に障害が生じてしまうので、障害者の生活のしづらさや困難を周りが理解する必要があります。精神科リハビリテーションは、幻覚や妄想などの症状がない場合は、症状が軽いうちから行います。

精神障害は自身の周囲の環境に対する認識能力が低下している障害の為、個人を安定させて、精神障害に影響をおこさないようにします。精神障害は、段階的に回復するわけではなく、再発の可能性が極めて高いです。

精神科リハビリテーションは、疾病と障害が併発しているため、リハビリテーションだけでなく福祉的支援も行います。精神科リハビリテーションの方法は、医学的リハビリテーションによって障害のある人の心身の機能改善や、維持を目的に行う精神の機能的改善と、予防です。

また、職業的リハビリテーションも行い、障害で職業を失ってしまった人に援助を行い、職場復帰へ向けてのリハビリテーションをします。またもとの職場に復帰が困難な場合は、新たな職場を探す手助けを行ってくれます。